fc2ブログ
03/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

お仕事のイベントの告知。 

ハロー、いずきちです。

今年もやってきました、えがお市の季節。
真面目にお仕事をしているいずきちを見ることのできる貴重な時間を貴方に…。

2011-09-29-01.jpg

何言ってんだ、コイツ。と思いながらも、お近くの方はぜひ遊びに来てください。
それはもう、これ以上ないよっていうくらい、笑顔で

「いらっしゃいませ。」と言います。

えがお市ですからね、笑顔でないといけないワケですよ。

10月の15日16日
11:00~16:00
郡山駅前なかまち夢通りハーモニーステーション郡山


2011-09-29-02.jpg

まぁ、そんなカンジです。

ハーモニーステーションのハーモニー。
ハーモニーはコレで。


パラパラもドンと来い。で、遊びまわった青春時代。
お立ち台から落っこちても怪我はしてません。

2011-09-29-03.jpg

足のぶっといお姉ちゃんはどんなに高いお立ち台に上がってもパンツが見えません。ミニスカートは隙間なく太ももで埋め尽くされているのです。その短さでパンツが見えないなんて、なんというスゴ技だ…と、感心いたしました。

遊び慣れていそうな軽いお兄ちゃん、暗いところではカッコよく見えてもヒゲが濃かったら嫌だから、懐中電灯で照らしてみたこともありました。
「失礼だから、やめなさい。」と友人に言われたけれど、面白いからやめなかった我が道を行く私。


「あの人カッコよくない?」と友人は言いました。

「あ、あの人ね、懐中電灯でアゴ照らすと灰色だったからやめた方がいいよ。」
と、親切に教えてあげたのに、

「そんなこと言って、私にあきらめさせて自分が狙う気だな!」
と、信じなかった友人。

その男と、
朝とともに訪れる、現実の世界の光を浴びてしまった友人は、
保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)のようだったと泣いていました。

2011-09-29-04.jpg

「だから言ったじゃん。」と言う私に、

「いつもマトモなこと言わないくせに、たまにマトモなことを言うな!」と逆ギレされたり。

「アハハハハハハ~」と笑う私を
「酷い…。」と上目遣いで見る時が、彼女の一番可愛い瞬間だったなぁ…。

と、ハーモニーからこんなお話になってしまいましたが、ハーモニーステーションでお待ちしております♪
関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキングへ にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ

記事一覧

カテゴリ合ってますか…。
主婦日記とかには混ぜてもらえない気がするんですよ。
カテゴリ分けって難しい。音楽関連のトコに行ってもいいかなぁ。



立方晶窒化炭素 IKプロデュース♪
魔除け・邪気避け系、ブラックテイストパワーストーンショップ
インクルージョンイズム
インクスージョンイズムバナー

テーマ: 伝えたい事
ジャンル: ブログ

カテゴリ: 日々の出来事

comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« こんなふうに練習用のページを作ると便利

ヶ島(がしま)とつくところには鬼がいて欲しいなぁとか、、、 »

コメント


間延びしたタイミングでのコメントで失礼します。

いずきちさんの「これ以上ないよっていうくらいの笑顔」、ぜひ見てみたいです。

それにしてもディスコ(クラブ?)に懐中電灯とは、恐れ入りました。
その攻撃に驚くと同時にいずきちさんに恋してしまった男も多いのでは。

ご友人の心中お察しいたしますが、いずきちさんの忠告を無視するのですから自業自得ですよね。
私も友達が同じような目に合うと大笑いしてしまうことでしょう。
【2011/10/07 22:58】
URL | ポント #bu/TLUm. [ 編集 ]
>ポントさん
これ以上ないよっていうくらいの真っ黒い笑顔の間違いだったかもしれません(汗
先日も、「最初、怖くて話しかけられませんでした。」と若い男の子に言われたばかりですw

バカなことばかりしていましたからね、若い頃は。濃ゆいヒゲを発見するためにはどうしたらいいか。なんていうことを友人と語り合い、小さい懐中電灯で照らせばいいんじゃねーか?等という話を真面目な顔でしました。そして実行する私…。
アホです。アホなんですよ、どうしようもなく。

でもあの照明は詐欺ですよね。それはもちろん男性側からも言えることだと思いますが、異性は明るいところでないと発見できない絶妙な嫌いなツボがよくありますから、そこを無視して事を進めるととんでもない目に合うんですよね。
だって、そんなに綺麗でもないオカマさんだってあの照明の下ではなかなかキレイな女の人に見えたりするじゃないですか。朝の光なんて一緒に浴びたら、それはそれは化け物だったりもするんですから。ああ、照明効果恐ろしい…です。

でも、おまえの真実の姿を見せてみろ、と突然懐中電灯で照らされて、恋する男はたぶんいません。怖いと思うと思いますw

私の忠告を無視した友人の選んでしまった男は、顔の3分の1は灰色系。よく見るとうっすらとアゴも割れていました。私はケツアゴが大変苦手です。なぜ、君はアゴが割れるんだ!とどうしても文句を言いたくなってしまうのです。酷い女です。
でもその辺の本人にとってもデリケートだと思われるような問題に、大きくツッコミを入れたくなってしまう病気というのが存在しまして、私はずいぶんと前から(たぶん生まれつき)、その病気に侵されています。

友人は泣いていましたが、ものすごく強い(私の傍にいられるくらいですから)ので大丈夫でした。打たれづ良い彼女は最高です。
【2011/10/08 11:37】
URL | いずきち #- [ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://izukiti.blog11.fc2.com/tb.php/324-fcc6ecbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |